民泊という選択肢を

マネー

イメージを変えるには

収益物件を保有して運用するというと、中古ワンルームマンションや小規模オフィスビルを購入して賃貸するというイメージが一般的です。しかしながら、最近では新たな手法が登場しています。それが民泊です。民泊の広がりにより、それまで、ただのボロ家屋だと考えられていたような物件ですら、収益物件としての価値が出てくるようになりました。民泊とは、ホテルとは旅館とは異なり、一般の家屋を旅行者に貸し出すサービスです。現在、法整備が進められているものの、すでに民泊を始め、高い収入を得ている人達も現れています。海外からの旅行者が年々増えている一方で、受け皿であるホテルや旅館の数が足りていないため、民泊が注目されているのです。

今のうちに買っておくと

海外からの旅行者には、宿泊料をより安く済ませたいという需要があり、狭い部屋でもニーズがあります。また、その国の文化を体験したいというニーズもあり、新しいホテルや豪華な旅館よりも、一般家屋や古民家に泊まってみたいという需要があります。狭い部屋や古い家というのは、今までニーズがないものとして収益物件としては人気の低いものでした。しかし、これが民泊の対象となり得るようになり、現在、取引が増えています。民泊はまだまだ始まったばかりなので、これからさらに盛り上がっていくことが予想されています。先を見据えた投資をするのであれば、築年数の古い収益物件を安値で購入して改修のうえ、民泊として提供するという選択肢も考えられます。

女性に人気の投資

マンション

生涯独身の女性が増えていることから、マンション投資が増えています。資産を増やすだけでなく老後の安定的な収入となるためです。より安定的にするためにはサブリース(空室保証)を利用するのも一つの手と言えます。

読んでみよう

黄金時代がやってくる

集合住宅

金融緩和策は投資用マンションを買って資産運用をしようとしている人たちにとっては大きなメリットです。今の政策金利は一部マイナスとなりました。今後、マイナス幅が拡大していけば、個人投資家にとっては黄金時代となります。

読んでみよう

不動産の投資をする前に

セミナー会場

不動産投資セミナーには有料のものと無料のものがあり、自分にあった形式のセミナーに参加することが効果的に不動産投資を学ぶコツになります。初心者であればまずは無料のセミナーから始めて基本的な知識をつけ、有料のセミナーを使って自分が詳しく知りたい項目を補っていくと良いでしょう。

読んでみよう